« 虐殺 | トップページ | 県政と政治の馴れ合い »

2022年4月 6日 (水)

 市民の告発

 京都市民ら30人が、自民党京都府連会長と昨年の衆院選候補者6人を、公選法違反、買収の疑いで京都地検に告発した。
 京都府連は、昨年10月の衆院選前に候補者6人から資金を集め、それを京都市議ら40人に各50万円ずつ配ったとのこと。
 何のことはない、府連を隠れ蓑にした候補者たちの選挙買収でしかない。
 これまでにもこうしたことが繰り返されていたのであろうし、組織的、継続的という意味では、広島の事件より重大、悪質な事案である。
 山口県でも、形は違うが、行政を巻き込んだ政治資金問題が発生している。職員に半ば強制的にパーティ県を買わせたとすれば、公選法というより、強要など刑法の問題として告発の対象になるのではないか。

人気ブログランキングへ

|

« 虐殺 | トップページ | 県政と政治の馴れ合い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 虐殺 | トップページ | 県政と政治の馴れ合い »