« 抗議文 | トップページ | パラリンピック »

2022年3月 2日 (水)

核共有

 安倍元首相、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、「核共有(米国の核兵器を自国領土内に配備して共同運用する)について、国内でも議論すべきだ」との認識を示した。

 

 何と時代錯誤で軽はずみな議論をするのか。
 ウクライナに核があれば侵略を受けなかったとでも言いたいのか、とんでもない。核戦争になっていたかもしれない。
 イギリスの石油大手シェルが天然ガス開発のサハリン2から撤退。アメリカでも石油のエクソン、航空機のボーイング、自動車のフォードやGM、アップルなども相次いでロシアから撤退。
 プーチンの孤立化が急速に進んでいる。
 軍事力ではなく、もちろん核でもなく、世界の連帯が侵略を止める新しいモデルができるかもしれない。

人気ブログランキングへ

|

« 抗議文 | トップページ | パラリンピック »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 抗議文 | トップページ | パラリンピック »