« ウクライナ侵攻 | トップページ | 抗議の声 »

2022年2月26日 (土)

安保理

 国連安保理でロシア非難決議の採択が行われた。丁度当のロシアが議長国であったが、当然のごとく拒否権を発動して決議は流れた。
 今回のような明確に国際法や国連憲章にも反する行為に対しても国連が動けないとすれば、その存在価値はない。
 この際、拒否権行使を制限するか、そもそもロシアのような国を排除するか、あるいは西側諸国で別の組織を作るか、抜本的な改革を考えるとき。

人気ブログランキングへ

|

« ウクライナ侵攻 | トップページ | 抗議の声 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウクライナ侵攻 | トップページ | 抗議の声 »