« 組閣 | トップページ | 武道館の建設 »

2021年10月 5日 (火)

センチュリー問題

 山口県議会議長が高級車センチュリーを使っている問題に関し、岩国を守る会「風」の南部博彦さんから県議会議長本人に対し、10月1日付で書簡が送付されているので、一部抜粋して紹介する。
「山口県政を眺めますと、県民の声に反する事象が存在することに気が付きます。
具体例を申し上げますと、貴賓者用として2000万円もする自動車・センチュリーを県が購入し、公用
がない時は、貴職が自宅から県庁までの通勤に使用していることが、挙げられます。
本件に関しましては、山口地方裁判所で裁判が行われており、また、関連する監査請求2件が既に提起さ
れております。
私は、「通勤旅費の二重取りを是正せよ」と訴えた監査請求の請求人に名を連ねており、監査請求時に、
添付資料に記載した内容の意見陳述を行いました。
資料をお読み頂ければおわかり頂けますが、本件の解決には、県政を司る県知事、県議会議長の決断と実
行が欠かせないと私は考えています。
今回、不躾にも、資料を貴職の自宅あてに郵送致しましたのは、県職員の裁量で、資料が貴職の目に止ま
らないまま放置されている可能性があると考えたためであります。
もし、すでに確認済みでしたら、当方の不徳をお詫び申し上げます。
国政が岸田新総裁の手で変換を遂げようと動き出したこの機会にあわせて、山口県政を司る貴職の指示
により、「センチュリー問題」が一気に解決に向かい、「さすがは山口県!」と言われることを願ってやみ
ません」

人気ブログランキングへ

|

« 組閣 | トップページ | 武道館の建設 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 組閣 | トップページ | 武道館の建設 »