« 若者への優先接種 | トップページ | 草の根事務所の再開 »

2021年6月13日 (日)

G7サミット

菅首相の発言、(オリンピックについて)「新型コロナという大きな困難に直面する今だからこそ、世界が団結し、人類の努力と英知によって難局を乗り越えていけることを日本から世界に発信したい」
「東京大会を通じて、障害者の方々が社会で活躍しようという共生社会の実現につなげていきたい。スポーツの力を通じて、世界の未来を担う子どもや若者にも夢と感動を伝えたい」
「安全安心な東京大会の開催に向けて万全な感染対策を講じ準備を進めていく。世界のトップ選手が最高の競技を繰り広げることを期待している」
 これに対し、首脳の1人が「全員の賛意を代表して、東京大会の成功を確信している」

 「難局」を乗り越えるためにまさにコロナ対策に集中すべきところ、国民の命を危険に晒してオリンピックという「賭け」をしようというのか。私たちの感覚とあまりにもかけ離れている。
「万全な感染対策」と言っても中身がない。
 参加者から賛意が得られたというが、理解を得るべきは国民であって、他国の首脳ではない。

人気ブログランキングへ

 

 

|

« 若者への優先接種 | トップページ | 草の根事務所の再開 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 若者への優先接種 | トップページ | 草の根事務所の再開 »