« 緊急事態宣言の解除 | トップページ | 職場接種 »

2021年6月19日 (土)

知事会の提言(報道より)

 現状を「首都圏をはじめ各地でデルタ株(インド型)が確認され、十分警戒が必要」と分析。第5波を生じさせないため、変異ウイルスに対応した検査体制や水際対策の強化を促した。
 東京五輪・パラリンピックの開催期間中、都道府県境を越えた人の移動や応援イベントで感染が再拡大する懸念があるとして、移動や応援の在り方を早急に検討することも求めた。
 ワクチン関連では、大学や企業での「職域接種」で、原則対象外とされている1000人未満の規模でも接種可能とするよう求めた。8月以降の供給スケジュールが示されていない米ファイザー社製のワクチンについては、具体的な見通しを明らかにするよう改めて要請した。

 第5波を防ぐために検査体制の強化などが必要だということ、また、オリンピックによる人の移動で感染が再拡大する恐れがあることなどの認識はその通りだと思う。
 そうだとすれば、都道府県民の安全を守るために、オリンピックの中止か、少なくとも無観客を求めるところまで踏み込むべき。
 ここまでがこの会の限界か・・・

人気ブログランキングへ

|

« 緊急事態宣言の解除 | トップページ | 職場接種 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 緊急事態宣言の解除 | トップページ | 職場接種 »