« 普通はない | トップページ | JOCで何かが »

2021年6月 6日 (日)

苦境

飲食店だけでなく、その取引業者も苦境に(報道より)。
鮮魚店店長「客は4分の1になり、売り上げは半減。店に立つようになって45年になるが、こんなことは初めて。前回の宣言より影響は大きい」「私たちも雇用や食文化を守る一員。補償は公平にしてほしい」
「もうちょっとの辛抱だろうが、政府は飲食店だけでなく、酒や米、魚などを納めるところも見てもらわんと」
おしぼりを提供する業者、宣言で売り上げが4割減。「今は去年の借入金でなんとかやっているが長くは持たない。宣言が解除されても、繁華街が元に戻るかも分からず、先は見通せない」
野菜の生産者「コロナでただでさえ野菜が値崩れするなか、飲食店休業の打撃は大きい。」

 緊急事態宣言に関わらず園周辺でも、様々な業種に深刻な影響が出ている。
 しかし、支援は自治体によってばらばら、置き去りにされているところも。
 国も関与して、もっと手厚い統一的な支援が必要。

人気ブログランキングへ

 

|

« 普通はない | トップページ | JOCで何かが »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 普通はない | トップページ | JOCで何かが »