« 五輪を開催できる状況にはない | トップページ | 土地利用規制法 »

2021年5月27日 (木)

ワクチンの打ち手

渋谷健司氏の寄稿(2)
 ワクチン接種で、今最も必要なのはワクチンの打ち手の確保だ。注射の経験のない薬剤師でも、簡易な講習を受ければ十分に対応可能と考えられる。英国では当たり前のように以前から行われているし、我が国の薬剤師関係者の方に伺っても「講習での指導があれば対応できる」と言う方が多い。街の薬局で気軽にワクチンを打つことができればどんなに楽なことだろうか。かかりつけ医にとっても、通常の診療に加えてワクチン接種の希望者が押し寄せたら大変だ。
 しかし、医師法を盾にした日本医師会の反対でこうした医師以外の職種が医療行為を行うことはタブーとされてきたし、今も薬剤師はワクチンを打つことはできない。だが、今は有事だ。このような平時の発想では、国家的危機を乗り切ることは難しい。医師会は、政府や国民に様々な要望・要請を行うだけでなく、率先してこうした改革を政府や国民に提案すべきではないか。

人気ブログランキングへ

|

« 五輪を開催できる状況にはない | トップページ | 土地利用規制法 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 五輪を開催できる状況にはない | トップページ | 土地利用規制法 »