« 日米共同声明 | トップページ | 米中関係 »

2021年3月18日 (木)

緊急事態宣言の解除決定

 首都圏を対象とした緊急事態宣言が21日で解除される。
 解除後の対応(5本柱)、(1)飲食店などでの感染対策(2)変異株の監視体制強化(3)感染拡大の予兆探知のためのモニタリング検査(4)ワクチン接種の推進(5)次の感染拡大に備えた医療提供体制の充実
 聖火リレーも控えており、再延長の選択肢はなく、追い込まれ解除か。
 すでに兆しが現れているが、感染の再拡大は避けられないと思われる。
 それを少しでも先延ばしし、山を低くするためには、PCR検査に対する発想転換が不可欠。
 高齢者施設などでの集中検査が予定されているが、繁華街なども含めて、無症状者に対する検査が積極的に行なわれるかが、今後の鍵となる。

人気ブログランキングへ

 

|

« 日米共同声明 | トップページ | 米中関係 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日米共同声明 | トップページ | 米中関係 »