« Zoomミーティング | トップページ | 貴賓車 »

2021年2月15日 (月)

候補者選び

 報道によると、4月に予定されている参院広島選挙区の選挙(有罪になった河井案理議員の失職にともなうもの)に、官僚の名前があがっているとのこと。
 自民党が、中央の役人を連れてきて、党と業界をあげて当選させるといういつものやり方。
 こうしたやり方を見ていて感じるのは、初めから組織の応援を受ければ、当選してもその言いなりになるだけ。
 選挙は、本来、市民の中に飛び込み、自らの思いと政策をぶつけることから始まる。そして、市民一人一人の支援を得て当選して初めて、市民のための政治を思い切り行うことができる。
 神輿に乗っているだけでは、市民の心は決してわからない。
 政治家になるというより、単に別のポストに転身するというだけのこと。
 操り人形のような人生が、そんなに面白いのだろうか。 
 若い人には、政治を変えるという意欲を持って欲しい。

人気ブログランキングへ

 

|

« Zoomミーティング | トップページ | 貴賓車 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Zoomミーティング | トップページ | 貴賓車 »