« 官僚の処分 | トップページ | 公務員倫理 »

2021年2月27日 (土)

首相のぶら下がり会見

 (報道より)
 ぶら下がり取材では、声を荒げて記者と受け答えする場面もあった。
 宣言の先行解除をめぐって、記者から「専門家から再拡大に相当強い懸念が出ています」と指摘されると、菅首相は声を荒げ、「ですから、基準を決めているわけですから。基準はクリアしているわけでありますから」と強調。
「その上に立って、やはり油断することなく、それぞれの首長さんも、徹底して行うように、時間短縮8時までをすぐやめるのではなくて、いろんなことを考えているのではないですか」と答えた。
「よろしいですか、もう」と苛立った様子で早めに切り上げようとする場面も。
 最後に記者から「今度の会見では最後まで質問など、打ち切りなくお答えいただけるのでしょうか」と問われると、「私も時間がありますから。でも大体皆さん出尽くしているのではないでしょうか。先ほどから同じような質問ばかりではないでしょうか」と締めくくった。

 正式の会見を逃げる。まともに受け答えできない。これでは、首相失格かな。

人気ブログランキングへ

|

« 官僚の処分 | トップページ | 公務員倫理 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 官僚の処分 | トップページ | 公務員倫理 »