« 居眠り | トップページ | Go To トラベル »

2020年10月22日 (木)

居眠り(2)

 報道より(抜粋)、
「安芸高田市の石丸市長は20日の市議会全員協議会で、9月末に市議会から非公開の全協に呼ばれてツイッターへの投稿の意図について説明を求められた際、どう喝と受け取れる発言があったと問題提起。「敵に回すと政策が通らなくなる」などと発言したとする市議1人を名指しし、真意を問うた。
 名指しされた市議は「どう喝と受け取られたのなら大変残念。私としては優しい言葉で議会の現状を伝えたつもり。言葉足らずで誤解を生んだ」と釈明。
 石丸市長はほかに、今月上旬以降、市議会への批判などの電話やメールが160件あったことも報告。居眠りを招いた議会運営のあり方についても改善が必要だと指摘。
 山本議長は「市長からの投げ掛けについては議会内でなるべく早く協議する」とし、11月の改選前に市議会としての改善策などを示すとした」

 首長はとかく議会との対立を避け、大勢に従う例が多いが、就任間もないこの市長は、全員協議会の場で議員の非を指摘するとともに、市民の声をバックに議会改革を求めている。「なかなか、やるな」という感じ。

人気ブログランキングへ

|

« 居眠り | トップページ | Go To トラベル »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 居眠り | トップページ | Go To トラベル »