« 思うこと | トップページ | 新しい部隊の飛来 »

2020年9月27日 (日)

山口県議会一般質問より

 井原すがこの県議会質問(25日)のやりとりが、珍しく報道された(一部抜粋)
「県が10月中に身近な医療機関で新型コロナウイルスの診療や検査を受けられる体制を整備する方針について、「会派・草の根」の井原寿加子議員が医療機関にどのような支援を行って協力を求めていくのか、県の対応をただしました。
 これに対し、弘田健康福祉部長は「新型コロナウイルスの患者を受け入れる医療機関に対して、感染防止にかかる経費を、200万円を上限に支援する制度を国が設けているので、こうした支援措置を説明しながら協力を求めている」と述べました。
 また、県外から山口県に帰省した家族と接触したことを理由に、高齢者がデイサービスや訪問介護を、事業所から拒否されるケースが確認されていると指摘が出たことについて弘田部長は、そうした事例を把握しているとした上で「一方的にサービスの提供を断ることは適切ではなく、個々の利用者の状況や意向を踏まえて判断し、必要なサービスが提供されるよう、事業者に対して指導・助言を行っている」と述べました。」

人気ブログランキングへ

|

« 思うこと | トップページ | 新しい部隊の飛来 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 思うこと | トップページ | 新しい部隊の飛来 »