« 山口県議会一般質問より | トップページ | 新しい部隊の展開 »

2020年9月28日 (月)

新しい部隊の飛来

  防衛本省の課長が突然やってきて、山口県と岩国市に、新しい部隊の岩国基地への飛来について説明。
 その概要は、次の通り。
・10月から半年間かけて、F-35Bの移行が段階的に行われる予定である。
・その間現存のFA部隊がFA-18の運用を停止し、F-35Bの安全な移行のための作業に集中する。
・移行期間中、そのFA部隊の任務を補完・支援するために、新しい部隊(FA-18、12機)が米国から派遣される。
・このため、現在のFA部隊の帰国時期によっては、一時的に岩国基地の機体の数が増えることもありうるが、飛行運用のレベルに特段の変更はない。

 これを読んでも何のことかさっぱりわからない。
 どうしてFA部隊を重ねて派遣する必要があるのか。それらの部隊がどのように運用されるのか。それにより、騒音被害はどうなるのか・・・
 そして、どうして直前までこんな重要な情報を発表しないのか。

人気ブログランキングへ

|

« 山口県議会一般質問より | トップページ | 新しい部隊の展開 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山口県議会一般質問より | トップページ | 新しい部隊の展開 »