« 地方独自で | トップページ | 草の根の会報 »

2020年4月13日 (月)

PCR検査の実態

さいたま市の保険所長発言
「病院があふれるのが嫌で(検査対象の選定を)厳しめにやっていた」
「検査を広げるだけでは、必要がないのに入院せざるを得ない人を増やすことになる」
 やはり、そういうことだったか。
 しかし、これがすべてではない。国の指示があってこと。
 愛知県の衛生研究所における(土)のPCR検査件数は、139件、うち陽性28件とされていたが、この内24件が陰性だったことが判明。(土)の検査を担当していたのはわずか2人、その検査ミスとのこと。
 問題になっているPCR検査の実態である。

人気ブログランキングへ

|

« 地方独自で | トップページ | 草の根の会報 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地方独自で | トップページ | 草の根の会報 »