« 安倍首相の説明ぶり | トップページ | 総理の説明 »

2019年11月17日 (日)

桜を見る会ツアー

 桜を見る会に多くの地元有権者を招待していたことについて、安倍首相の発言。
「首相、副総理、官房長官、官房副長官が推薦する。長年の慣行で行われてきたが、年数を経るごとにだんだん人数が多くなってきたこともあり、そのことは反省しなければならない。」
 安倍晋三後援会が公然と「桜を見る会ツアー」を企画し、800人余りの地元支援者を招待していたわけであり、税金を使った公的事業の私物化以外の何物でもない。自ら権限を濫用し事業の適正な執行を妨げておきながら、「だんだん人数が多くなってきたことは反省しなければならない」と、他人事のように言って済ませる問題ではないし、中止すればいいというものでもない。逃げないで、きちんと責任を明らかにすべき。

人気ブログランキングへ

|

« 安倍首相の説明ぶり | トップページ | 総理の説明 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安倍首相の説明ぶり | トップページ | 総理の説明 »