« マラソンと競歩を札幌で | トップページ | 週刊誌の記事より »

2019年10月22日 (火)

即位の礼

 「即位礼正殿の儀」が行なわれ、天皇陛下の即位が内外に宣言された。
 重い伝統を感じる一方で、制度の持つ意味についても改めて考えさせられる。
 上皇陛下の国民に寄り添うという姿勢を、現天皇陛下も受け継ぐことを明らかにされている。
 災害時などの天皇、皇后両陛下のお言葉や行動により、多くの被災者が励まされ勇気づけられていることは事実であり、象徴天皇制の意義も少なくない。
 「賢所大前の儀」など一部儀式が神道により行なわれることには、少し違和感もある。
 奈良・平安時代に遡るまでもなく、歴史的には、天皇は仏教を保護して来ている。神道に替わったのは、確か明治維新の時であろうか、それほど古い話ではない。
 もう一つ、小さなことかもしれないが、お言葉の中の「致します」という表現が少し気なる。これは、厳密には「します」の謙譲語であり、天皇陛下の言葉として適切なのであろうか。普通に「します」でもいいのでは。

人気ブログランキングへ

 

|

« マラソンと競歩を札幌で | トップページ | 週刊誌の記事より »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マラソンと競歩を札幌で | トップページ | 週刊誌の記事より »