« 菅原経済産業大臣の疑惑 | トップページ | 爆音訴訟 »

2019年10月25日 (金)

トカゲのアタマ斬り

「関電事件を「トカゲのアタマ切り」で終わらせてはならない。」というタイトルの週刊誌記事をいただいた。
 内容を少し紹介する。
「カンデンゲンパツオオトカゲの場合は、トカゲのアタマ切り。組織が生き延びるためには、頭という枢要部位さえ切ってしまって、本体が生き延びる。とすると、頭って一体何なんだ?本体って何?おそらく、より上位の「ゲンパツオオトカゲ」という種を守ったのだろう。
 ・・・
 問われなければならないのは、大阪地検特捜部という「死に体」が、このケースを立件しない方針を早々と決めていた節があることだ。国税当局と検察は緊密に連携している。なぜ、このケースを刑事事件化しないのか。それこそが実は最大のスキャンダルだ。」

人気ブログランキングへ

|

« 菅原経済産業大臣の疑惑 | トップページ | 爆音訴訟 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菅原経済産業大臣の疑惑 | トップページ | 爆音訴訟 »