« 山本太郎 | トップページ | 延長許可について »

2019年7月27日 (土)

上関原発、埋立免許の延長許可

26日付けで、山口県による上関原発に係る埋立免許の延長許可が行われた。
法的な問題点はいくつもあるが、免許の延長期間一つをとってみても、今回の3年6ヶ月を加えて10年を超えることになる。はっきり言って、異常である。
現在も建設の目処はまったく立っておらず、今後もこの状態が続くとすれば、法律の趣旨を完全に逸脱する。
裁判所も、裁量権の逸脱と指摘しているが、その通り。
知事は、「法律に基づき適切に対応している」と繰り返すが、法を捻じ曲げていることは明らか。そのことは、百も承知のはず。
政治家にとって言葉は命である。一度ごまかし、嘘をつけば、何を言っても誰も信用しなくなる。

人気ブログランキングへ

|

« 山本太郎 | トップページ | 延長許可について »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山本太郎 | トップページ | 延長許可について »