« 米朝会談 | トップページ | 民意は思い »

2019年3月 2日 (土)

県民投票への反応

 1日、県民投票の結果を受けて、玉城知事が「辺野古の工事を中止し、県との対話に応じるよう」求めたのに対して、安倍首相は次の通り発言。
「県民投票の結果は真摯に受け止めながら、一つ一つ負担軽減に向けて結果を出していきたい」、「普天間の危険な状況を置き去りにするわけにはいかない。もはや先送りできない」
 普天間問題の解決は大前提であり、その上で、辺野古移設にノーという明確な民意が示されたもの。もはや、政府の言う「丁寧に説明し理解を求めていく」という段階ではない。
 国防政策といえども、民意を無視することは許されない。
 それでも強行するというのは、独裁政治以外の何ものでもない。

人気ブログランキングへ

|

« 米朝会談 | トップページ | 民意は思い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県民投票への反応:

« 米朝会談 | トップページ | 民意は思い »