« 県民投票(2) | トップページ | 入管法の成立 »

2018年12月 6日 (木)

相次ぐ米軍機の墜落

 四国沖で、岩国基地所属のFA-18と空中給油機KC130空中給油機が衝突、墜落したとのこと。先月には、沖縄沖でやはり岩国基地所属の空母艦載機FA-18が墜落しており、重大事故が相次いでいる。
 これが市街地の上空だったらと、市民の不安が高まっている。
 早速、山口県と岩国市は、原因究明と再発防止の要請を行っているが、どうしたわけか、いずれも「飛行停止」には言及していない。
 市民の安全を第一に考えれば、飛行停止を求めるのは当然であろうが、国から何か言われているのか、及び腰である。
 お金をもらうと何も言えなくなる。
 県議会の様子とともに、市民政党「草の根」として、Facebookに関連記事を掲載しているのでご覧ください。

人気ブログランキングへ

|

« 県民投票(2) | トップページ | 入管法の成立 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相次ぐ米軍機の墜落:

« 県民投票(2) | トップページ | 入管法の成立 »