« 県民投票(2) | トップページ | 迷惑メール »

2018年12月20日 (木)

来年度予算案

 来年度予算がほぼ確定。101兆円を超えるという。
 増大する社会保障費が賄えないとして、自己負担の増加などでその経費を削減しながら、消費税対策や幼保無償化、防衛費などには大判振舞い、もちろん、新幹線や道路などの公共事業もそのまま。
 10年くらい前には80兆円程度だったが、際限もなく増加している。
 限られた財源を、国民生活の向上のために優先順位をつけて効率的に使う。言い換えれば、不要不急のものは後回しにし、或いは切り捨てる。当然反発も起こるので難しいかもしれないが、それが政治の重要な役割。
 しかし、今の政治は、各方面からの要求をただ積み上げるだけで切ることができず、足らないところは借金で賄う。こんなのは政治ではないし、財政がもたない。

人気ブログランキングへ

|

« 県民投票(2) | トップページ | 迷惑メール »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 来年度予算案:

« 県民投票(2) | トップページ | 迷惑メール »