« プーチンの本音 | トップページ | 正月三が日の飛行 »

2018年12月27日 (木)

取材

 沖縄の新聞の取材があり、岩国の住民投票の経緯を説明した。
 住民投票は、選挙と違い、お金や力などが介在せず、政策に関する民意を測る手段として有効である。
 まちの将来を左右する重要な問題が生じた場合には、議会と首長だけで意思決定するのではなく、民主主義の原点に返って民意を確かめる必要があると考え、常設型の住民投票条例を作っておいた。
「日本は間接民主主義であり、直接民主主義の手法である住民投票はなじまない」とする意見があるが、違う。民主主義と言うなら、民意を聞くことに躊躇してはならない。民意を踏まえた上で議会で十分に議論すればいいのであって、むしろ、間接民主主義を補完するものである。

人気ブログランキングへ

|

« プーチンの本音 | トップページ | 正月三が日の飛行 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取材:

« プーチンの本音 | トップページ | 正月三が日の飛行 »