« 玉城知事、首相と会談 | トップページ | 辺野古移設で対抗措置 »

2018年10月16日 (火)

市議選

 市民政党「草の根」が応援する重岡邦昭、広中英明の二人が無事に当選し、ホッとしてするとともに、応援していただいた方に感謝したい。
 「常に市民の立場に立つ」という草の根の基本理念を大切にする議員として、さらなる活躍を期待したい。
 それにしても気になるのが、投票率の低下。以前は確か60%代の後半だったと思うが、今回は50.38%と過去最低に。
 政治に対する関心が低くなっているのは今に始まったことではないが、これほど急降下する理由が正直よくわからない。若者の政治離れか・・・
 こんな状態では、民主主義が機能しているとはとても言えない。

人気ブログランキングへ

|

« 玉城知事、首相と会談 | トップページ | 辺野古移設で対抗措置 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市議選:

« 玉城知事、首相と会談 | トップページ | 辺野古移設で対抗措置 »