経済・政治・国際

2017年3月23日 (木)

証人喚問

 詳細は見ていないが、全体的な印象を一言。
 籠池理事長が「神風」が吹いたというほど、財務省による異例の便宜供与が行われたこと。
 そのルートが、昭恵夫人であること。
 その一例として、彼女に依頼しその返事がFAXとして残っていること。
 さらに、彼女から籠池理事長に100万円が寄付されていること・・・
 安倍さん側の説明と完全に食い違っていることが明らかになったので、夫人や財務省の官僚に直接聴く必要がある。
 それにしても、いきなりに国会に呼び出されたのに、堂々と答えていたのには驚かされた。すっかり開き直っているようで、その言の信頼性はかなり高いのではないか。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

忖度(そんたく)

「他人の気持をおしはかること」
 安倍さんと籠池理事長の深い関係を「忖度」して、官僚が特別の便宜を図ったのではないかと一部で言われている。しかし、「忖度」で、官僚が簡単に動くはずもなく、「忖度」の議論をすればするほど、肝腎の政治の責任が曖昧になる。
 特定の有名な政治家とのつながりを吹聴する人は珍しくないが、そうした場合、官僚はむしろ胡散臭さを感じ敬遠するのではなかろうか。
 これほど前例のない危険な橋を渡るからには、その背景に強く、有力な政治家の明確な関与があることは間違いない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬毛島

 西之表市長選で、空母艦載機離着陸訓練(FCLP)の馬毛島移転に反対する市長が誕生。
 政府は地権者と用途取得手続きを進めているが、地元市長が反対すれば暗礁に乗り上げるし、そもそも、激しい訓練を伴うFCLPの新たな基地を日本近辺に作ることには相当の無理がある。
 今後も遠方の硫黄島が使われるとすれば、悪天候時や様々な軍事的理由により、岩国でFCLPが実施される例が増えるのではないか。
 米軍再編の一項目に、硫黄島に替わるFCLPの専用施設を西日本方面に作ることが明記されており、これの目処が立たないとなると、全体がパッケージで変更できないとされている米軍再編の一角が崩れることになる。
 岩国への艦載機の移駐も、当面延期するのが筋ではないか。
0320

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

隠蔽体質

 南スーダンPKOに関する日報の隠蔽問題について、稲田防衛大臣が特別監察を行うことを発表した。
 そもそも、安倍さんの意向を受けて、大臣自ら隠蔽の指示をしたと考えるのが自然であり、その張本人が調べるというのだから、茶番という以外にない。
 以前、アメリカの友人から聞いたことがある。
「悪い情報は、隠せば隠すほど悪くなる」

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

卒業式締め出し

 安倍さんが政権を取ってから、これまでの制度や仕組みが、彼の偏狭な考え方により次々に変えられて言っている。
 これも、その一つの例か。
 2014年春から、自衛官にならない任官拒否者が、防衛大学校の卒業式から締め出されているという。学費無料で手当さえ出しているのだから自衛官にならないのはおかしい、国を守るという崇高な任務につくべきだ・・・などという考えが背景にあるのだろうが、大学校で学んだことを民間で活かせばいいのではないか。
 了見が狭いとはこのこと。
 何度も言うが、このような偏った、心の狭い人をトップにいただくことが恥ずかしい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月16日 (木)

口利き

 ほとんどの政治家にとって、口利きは当たり前。
 支援者の便宜を図り、見返りに選挙で応援してもらい、寄付ももらう。
 有力な政治家の働きかけなくして、今回のような事件は決して起こらない。
 夫人が名誉校長に就任。
 当時の理財局長(現国税庁長官)が山口県出身。
 そして、籠池理事長に100万円渡す。
 外堀が埋まりつつある・・・

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月15日 (水)

防衛大臣の嘘

 稲田防衛大臣の虚偽答弁が問題になっているが、さらに、深刻な問題が明るみに出た。
 破棄したとしていた南スーダンでのPKO部隊の日報を、実は陸上自衛隊が保管していたこと、さらに、そのデータを消去するよう上からの指示があったことを、防衛省の幹部が暴露したとのこと。
 PKO部隊が現地の情勢を正確に記録し報告しているのに、大臣は、「戦闘ではない」といい、日報自体も破棄したことにされ、自衛隊の中には相当の不満が溜まっており、それが今回の証言につながったのではないか。
 大臣の一存でこれほど重大な決断ができるはずもなく、そこには、新しい任務を付与したPKO部隊をどうしても派遣したいという政権の強い意思が働いていたことは確実。すべて、安倍さんの責任である。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月14日 (火)

虚偽答弁

 国会で虚偽の答弁をしたとすれば、責任問題になるのは当然。
 森友学園が起こした裁判の代理人になっていたのに、「法律相談を受けたこともない。裁判を行ったこともない」と答弁したことは、虚偽以外の何ものでもない。
 「記憶になかった」などという使い古された言い訳は見苦しい限り。
 もっとも安倍さんの答弁も、嘘とごまかしばかり。
 バレなければ何を言ってもいいという感覚なのであろう。
 これでは、彼らが何を言っても信じられない。
 政治に取っていちばん大切なことは、「信頼」であり、嘘を言っては絶対にいけない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月13日 (月)

見るに堪えない

「安倍晋三をおとしめようと質問するのはやめた方がいい」
「証拠もないのに個人の名前を上げて、あなた責任を取れるのですか・・・」
 某大学の開設に関し理事長との関係を問われた安倍さんの発言。
 質問されたことに淡々と答えればいいのに、これは一種の「詰問」、切れて食ってかかっているだけ・・・
 見るに堪えない。
 首相がこんなやり取りをしているなんて、子どもたちにはとても見せられない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年3月12日 (日)

基地機能の強化(3)

 国の示した騒音予測コンターによると、「W値75以上の騒音の激しい地域は、縮小するところと拡大するところはあるが、全体的には縮小する」とされている。
 こうした点を考慮して、県と市は、騒音の影響は少ないとして基地機能の強化には当たらないとした。
 しかし、コンターはあくまで予測に過ぎず、あの激しい訓練をする艦載機の実態を表しているとは到底思えない。
 例えば、海上のみで陸上の飛行コースがまったく想定されてない。これだけでも、実態と違うことは明らか。
 さらに、「平成18年当時」、つまり沖合移設前の騒音と比較することが大前提になっているが、10年以上も前の数字と比較しても、机上の議論でしかない。
 私達が知りたいのは、今後どの程度騒音が激しくなるかであり、そのことはまったく説明されていない。
0312

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

書籍・雑誌 | 経済・政治・国際