« 安保法制違憲訴訟 | トップページ | オリンピックの再検討 »

2021年4月16日 (金)

場当たり的

 大阪で、新たに1208人。東京で729人。
 大阪吉村知事、不要不急の外出の自粛、府外への移動の自粛、大学は原則オンライン授業、小中学校の部活動は原則休止を要請。
 東京小池知事、
 「通勤を含め、(医療従事者などの)エッセンシャルワーカー以外の方は可能な限り東京へ来ないでいただきたい」
 「テレワークで出勤者を最大3割に削減」「買い物は3日に1回」
 兵庫県知事、「うちわ会食」を提唱。後に撤回。

 感染が急拡大する中で、相変わらず、場当たり的、思いつきのようなことしか言えない。
 こんなことで、感染を止めることはできない。
 国民の努力を求めるだけでなく、積極的PCR検査の実施、必要な地域、人に対する集中的なワクチン接種などにより、感染源を断つ対策を行うべき。

人気ブログランキングへ

|

« 安保法制違憲訴訟 | トップページ | オリンピックの再検討 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 安保法制違憲訴訟 | トップページ | オリンピックの再検討 »