« オリンピックの再検討 | トップページ | 日米首脳会談(2) »

2021年4月18日 (日)

日米首脳会談

  共同声明に「台湾海峡の平和と安定の重要性を強調するとともに、両岸問題の平和的解決を促す」と明記。
 「台湾」の文言が盛り込まれたのは、半世紀ぶり。
 外国首脳としてバイデン大統領と一番初めに会談する、「一番乗り」と言って喜ぶ向きもあるが、違う。
 中国包囲網の最前線として日本をぜひとも巻き込みたいアメリカ側が、日本を呼びつけたというのが実態。
 「今後5〜6年のうちに、中国の台湾侵攻という事態もあり得る」とのアメリカの軍関係者の話もある。
 その台湾問題にとうとう首を突っ込んでしまった。
 中国とことを構えれば、日本の安全が大きく脅かされる事態になる、ことの重大性をわかっているのだろうか。

人気ブログランキングへ

|

« オリンピックの再検討 | トップページ | 日米首脳会談(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オリンピックの再検討 | トップページ | 日米首脳会談(2) »