« 介護サービス事業の運営基準 | トップページ | 世界の趨勢「頻回検査」 »

2020年12月 6日 (日)

原発設置許可取り消し

 関西電力の原発、大飯3、4号機(福井県)の設置許可が取り消された(4日、大阪地裁判決)
 関電が設定した最大の地震の揺れの想定「基準地震動」について、地震断層などの観測データに基づく「平均値」と指摘し、平均値と乖離するばらつきのデータを検討しておらず、許可の過程に看過し難い過誤があるとした。
 新規制基準への適合性の問題であり、要するに、地震の想定が甘すぎるとういうこと。
 今後さらに厳しい耐震設計が求められることになる。
 しかし、司法の判断はそこまでで、そもそもの原発の必要性を判断するのは、政治の役割。

人気ブログランキングへ

|

« 介護サービス事業の運営基準 | トップページ | 世界の趨勢「頻回検査」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 介護サービス事業の運営基準 | トップページ | 世界の趨勢「頻回検査」 »