« うそ、ウソ、嘘 | トップページ | 介護サービスの停止 »

2020年12月26日 (土)

緊急事態宣言

 菅首相の会見より、
 緊急事態宣言については「4月は収束のために出したが、その後経験の中で色々と学んだ」と再発令に慎重な姿勢を見せた。
 尾身会長(12月9日の国会答弁より)
 医療体制がひっ迫する事態となっている北海道旭川市など、地域を限定した緊急事態宣言の必要性を問われたのに対し、「国が緊急事態宣言を出すということと、各地域が緊急事態宣言相当の状況にあるということは少し違う。国として緊急事態宣言を出すステージかというと、まだそういうところに至っていない」
 2人とも何を言っているのか、よくわからない。政府の管理下にあるのだろうが、専門家として言いたいことを言わなければ意味がない。
 地域で感染爆発が起こる危険性があれば、国として地域を限定して宣言を出すべきではないのか。どのような段階に至ったら、宣言を出すのか、その基準を明らかにすべき。
 今日の東京の感染者数は、949人。千人を超えても何もしないのだろうか。

人気ブログランキングへ

 

|

« うそ、ウソ、嘘 | トップページ | 介護サービスの停止 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うそ、ウソ、嘘 | トップページ | 介護サービスの停止 »