« 感染爆発 | トップページ | 緊急宣言 »

2020年12月18日 (金)

世田谷区の検査

 世田谷区は、介護事業者の職員や入所者等を対象に、無症状者も含めて積極的な検査を実施している。
 国や東京都が後ろ向きな中、保坂区長の英断によるもの。
 現在までの結果の概要は、次の通り。
  期間 10月2日〜10月13日
  検査数 3,479人 うち陽性者 47人(11月末から12月に26人)
 陽性率は、1.35%。
 これを東京全体に当てはめると、10万人、少なくとも数万人の感染者が存在する計算になる。
 毎日発表される数字の増減に一喜一憂するのではなく、こうした客観的な調査を国が主導して各地で実施し、刻々と変化する感染実態を正確に掴む必要がある。
 実態もわからず、危機感を持っている、中止する・・・などと言っているだけでは手遅れになる。

人気ブログランキングへ

|

« 感染爆発 | トップページ | 緊急宣言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 感染爆発 | トップページ | 緊急宣言 »