« 米軍岩国基地の感染拡大 | トップページ | 新年に当たって »

2020年12月31日 (木)

年の終わりに当たって

 政府のコロナ対策について
 2月末、突然の全国一斉休校実施。感染が全国に拡大していたわけでもなく、明らかなやりすぎ。何の根拠もない安倍首相のパフォーマンス。これにより、教育現場に深刻な影響を与える。
 4月の「緊急事態宣言」、全国一律の実施。経済社会活動に大きなダメージ。法的には、感染拡大地域に限定して実施すべきだった。
 夏、GoTo事業の前倒し実施。これが全国にウイルスを運んだ元凶であることは疑いがない。
 そして、今第3波。首都圏などではすでに感染爆発とも言える状況。しかし、4月の反動か、影響が大きいとして現行法上の切り札「緊急事態宣言」に踏み込めない。
 未知のウイルスと戦うために、医学的根拠に基づき、迅速かつ的確に対策を実施する。今の政治には、そんな当たり前のことができない。
 国民の命を守るという気概がない。あるのは、パフォーマンス、支持率、業界の利益・・・つまりは保身のみ。

 とは言え、よいお年をお迎え下さい。

人気ブログランキングへ

 

|

« 米軍岩国基地の感染拡大 | トップページ | 新年に当たって »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 米軍岩国基地の感染拡大 | トップページ | 新年に当たって »