« 学問の自由(4) | トップページ | 学問の自由(6) »

2020年10月 8日 (木)

学問の自由(5)

「総合的俯瞰的観点から判断した」
 菅首相の説明だが、ただ抽象的言葉を並べただけで中身がなく、何の説明にもなっていない。
 今日の国会質疑でも、政府側はごまかしてばかり、まともの答弁をしようとしない。
 やましいことがないなら、任命拒否の理由を国民の前で堂々と説明すべき。
 説明できないような理由なら、初めからそんな行為はすべきではない。
 口では民主主義、法の支配などといいながら、これでは、専制国家と何ら変わらない。

人気ブログランキングへ

|

« 学問の自由(4) | トップページ | 学問の自由(6) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学問の自由(4) | トップページ | 学問の自由(6) »