« 勝ち馬 | トップページ | 学問の自由(2) »

2020年10月 3日 (土)

学問の自由

 候補者6人の任命が首相により拒否されたことに対して、日本学術会議で批判が噴出。
「あってはならないことが起きた」
「日本学術会議は時の政治権力に自律的でなくてはならないという規定があるのに、行政処分のような形で紙1枚で(任命拒否を)送ってきた」
「官房長官時代から、言うことを聞かない役人は飛ばしていいという手法が身に付いているから、学術会議の特別な性格を理解せず、いつもと同じやり方でやった。戦前への逆戻りだ」
「政府の判断は、日本学術会議法に違反する。(6人は)法律・歴史・政治分野で著名で深い研究をしている」
「政治的な理由、過去の発言が左右したのなら、学問の自由だけでなく、国民の言論の自由全体に関わる。国民にも広く理解してもらうことが重要だ」

人気ブログランキングへ

 

|

« 勝ち馬 | トップページ | 学問の自由(2) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 勝ち馬 | トップページ | 学問の自由(2) »