« 情報公開裁判控訴審判決 | トップページ | 登校再開 »

2020年6月 7日 (日)

教育を受ける権利(回答)

 岩国基地の日本人従業員等の子供の登校制限は憲法違反ではないかと国と県に公開質問状を出していた。
 いずれも5日付けで、知事からは文書(kenkaitou.pdf)で、中四国防衛局からは口頭(kunikaitou.pdf)で回答が届いた。
 ほぼ同趣旨であり、主な内容は次の通り。
・学校では、保護者の職業は把握していないので、今回の措置により欠席した人数は不明である。
・岩国基地では、日本人従業員等に対して、テレワークなどの活用により子供たちに不利益にならないよう最大限の配慮をしていると聞いている。
・登校していない子供たちに対しては、各学校において、家庭学習を支援するなど、個々の状況に応じて丁寧に対応していると聞いており、子供たちの学習機会は確保されていると考えている。

 「憲法」について質問したのに、憲法という言葉がどこにもない。あえて争点を避け、すれ違いにしている。行政のよく使う手法である。

人気ブログランキングへ

|

« 情報公開裁判控訴審判決 | トップページ | 登校再開 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 情報公開裁判控訴審判決 | トップページ | 登校再開 »