« 社団法人サービスデザイン推進協議会 | トップページ | 情報公開裁判控訴審判決 »

2020年6月 5日 (金)

拉致問題

 拉致被害者家族会の横田滋さん死去。
 現代表の飯塚繁雄さん、「ともに救出活動をしてきた横田滋さんが亡くなったことは大変残念だ。こうして長期間、拉致問題を放っておけば、帰国を待つ家族は1人、2人と減ってしまう。このままでいいのか、政府には考えてほしい」
 安倍首相は、小泉元首相の訪朝に随行し、拉致問題での強行発言で売出し、一気にトップまで登りつめた印象がある。
 その後一貫して、政権の最重要課題とされてきたが、やったことと言えば、トランプ大統領の尻馬に乗って圧力をかけただけ。結果として、北朝鮮からは相手にされず首脳会談はいまだに実現せず、解決の糸口さえつかめない状況が続いている。
 圧力一辺倒ではなく、相手方を仲間に入れ、信頼関係を築くこと、いわゆる太陽政策以外に解決の道はない。
 結局、この問題も安倍さん一流の言葉だけが踊ったということか。

人気ブログランキングへ

|

« 社団法人サービスデザイン推進協議会 | トップページ | 情報公開裁判控訴審判決 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 社団法人サービスデザイン推進協議会 | トップページ | 情報公開裁判控訴審判決 »