« 買収の実態 | トップページ | 教育を受ける権利に関する国の回答 »

2020年6月22日 (月)

米軍の感染

 

 報道より、
 米軍三沢基地は17日未明、15日に同基地に到着した一時展開部隊の隊員から、新型
コロナウイルス陽性反応が出たとホームページ上で公表した。関係機関によると感染
者は3人。自覚症状はないが公衆衛生基準に従い、感染者と、この部隊の他の隊員を
基地内に隔離中という。
 国外から航空機で到着した一時展開部隊の出発地で感染者が発生したとの情報を受け、
この部隊の隊員にPCR検査を実施して3人の感染が判明した。
 
 しばらく止まっていた米本国との人の移動が今後始まるという話もあり、岩国基地でも感染が発生する危険がある。
 検疫をいくら厳しくしても、まったく別ルートで入ってくる人たちが多数いて、危険が身近にあることを忘れてはならない。基地のゲートがいわば国境であり、その出入りをチェックする必要があるのではないか。

人気ブログランキングへ

|

« 買収の実態 | トップページ | 教育を受ける権利に関する国の回答 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 買収の実態 | トップページ | 教育を受ける権利に関する国の回答 »