« 基準の見直し | トップページ | 上 昌広氏の論 »

2020年5月11日 (月)

検察庁法の改正

 検察官の定年を段階的に65歳に引き上げ、さらに内閣が認めれば最長3年まで定年延長を可能にする検察庁法の改正に対して、怒りの声があがっている。
 抗議のTwitterがすでに数百万件に達しているとのこと。
政府が1月、東京高等検察庁の黒川検事長の定年を延長、明らかな違法行為であるが、今回の法改正が通れば、政府が検察をコントロールする手段を合法的に持つことになる。とんでもないこと。
 さらに、コロナ対策に集中すべきところ、こんな法案の審議に時間と労力を空費することは許されない。
 Twitterの件数が1,000万件を超えれば・・・
 SNSが、政治を動かす力になる。
 私も、参加したい。

人気ブログランキングへ

|

« 基準の見直し | トップページ | 上 昌広氏の論 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 基準の見直し | トップページ | 上 昌広氏の論 »