« 国民の声 | トップページ | 検察庁法の改正 »

2020年5月14日 (木)

FCLP

 空母ロナルド・レーガンの艦載機の着陸訓練(FCLP)が14日から6月10日まで、硫黄島で実施される。
 今回は、コロナ対策もあり、例年より期間が長く設定されているとのこと。
 併せて、悪天候などで訓練を消化できなかった場合の代替施設として、厚木基地や岩国基地が指定された。
 「予備基地に指定しないように」という山口県や岩国市の要請は、今回も無視された形。
 また、空母の看板を使った着艦資格取得訓練(CQ)も、硫黄島付近の洋上で行われる予定。
 空母セオドア・ルーズベルトでは、多数のコロナ感染者見つかり機能停止に陥っているとのことだが、ロナルド・レーガンは大丈夫なのだろうか。

人気ブログランキングへ

|

« 国民の声 | トップページ | 検察庁法の改正 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 国民の声 | トップページ | 検察庁法の改正 »