« 数字 | トップページ | 公聴会 »

2020年3月10日 (火)

自粛の継続

政府専門家会議の見解(9日)
「爆発的な感染拡大は進んでおらず、一定程度、持ちこたえている」
「当面、増加傾向は続くと予想される。感染の状況を把握するためには、2週間程度のタイムラグを生じ、全ての感染状況が見えておらず、依然として警戒を緩めることはできない」
 19日ごろまでにイベントの自粛などの効果を分析し、改めて見解を示すとのこと。
 あと1週間程度で収束するはずもなく、このまま自粛や休校などが継続されることになれば、人も企業も疲れてくるのではないか。
 求められるのは、地域ごとの感染の実態に応じた、期間限定のメリハリのある対策。
 限られた資源を、明確な根拠を持って、最大限効果的に使う、政治の役割である。

人気ブログランキングへ

 

|

« 数字 | トップページ | 公聴会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 数字 | トップページ | 公聴会 »