« WHO事務局長の発言(抜粋) | トップページ | 専門家会議の提言 »

2020年3月19日 (木)

森友事件に関する証言

 自殺した近畿財務局職員、赤木俊夫氏の手記の最後の部分(週刊文春より)。
「この事実を知り、抵抗したとはいえ関わった者としての責任をどう取るか、ずっと考えてきました。
 事実を、公的な場所でしっかりと説明することができません。今の健康状態と体力ではこの方法をとるしかありませんでした。(55歳の春を迎えることができない儚さと怖さ)
 家族(もっとも大切な家内)を泣かせ、彼女の人生を破壊させたのは、本省理財局です。
 私の大好きな義母さん、謝っても、気が狂うほどの怖さと、辛さこんな人生って何?
 兄、甥っ子、そして実父、みんなに迷惑をおかけしました。
 さようなら」

 

 政治の嘘の犠牲になった一人の公務員の悲痛な叫びである。

人気ブログランキングへ

|

« WHO事務局長の発言(抜粋) | トップページ | 専門家会議の提言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« WHO事務局長の発言(抜粋) | トップページ | 専門家会議の提言 »