« 学校の休校 | トップページ | やり過ぎ »

2020年2月28日 (金)

一斉休校

 山口県下の小中学校及び高校の3月一斉休校が決まった。
 金沢市など一部では、経済社会的影響を考えて、首相の要請を拒否して実施しないところもあるという。
 学校は教育委員会の所管であるが、私がもし山口県内の首長であったら、やはり今回の一斉休校には反対しただろう。
 もちろん、必要なら断固としてやるべきだが、専門家も言うように、感染が確認されていない地域でこうした措置を実施してもほとんど効果がなく、一方で、学校現場や子どもたち、その他社会的影響は甚大なものとなる。
 県民や市民の立場で主体的に考えれば、国の意向だからというだけで安易に「右へ倣え」はできないはず。
 いざというときに、政治の真価が問われる。

人気ブログランキングへ

|

« 学校の休校 | トップページ | やり過ぎ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学校の休校 | トップページ | やり過ぎ »