« メルケル首相の演説 | トップページ | 上関原発訴訟 »

2020年1月15日 (水)

憲法9条削除論

井上達夫東京大学大学院教授(法哲学)の「立憲主義という企て」という本を読んでいる。
 憲法9条の削除と徴兵制の導入を主張し、議論を巻き起こしている。
 これだけ見れば極端な議論であるが、立憲主義の観点から憲法9条に正面から向き合い、そのあり方について憲法学者と対峙する議論には、惹き込まれるものがある。
 かなり専門的な内容を含んでおり、理解しがたい部分もあるが、何とか読み込みたいと思っている。
 議論の要点や感じたことを、逐次、ご紹介したい。

人気ブログランキングへ

|

« メルケル首相の演説 | トップページ | 上関原発訴訟 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メルケル首相の演説 | トップページ | 上関原発訴訟 »