« 「令和」の選定 | トップページ | 新年のご挨拶 »

2019年12月31日 (火)

1年を振り返って

 年末が近づく中、海上自衛隊の中東への派遣が決定された。
 派遣の根拠は、防衛省設置法第4条第18号の「調査研究」だという。
 第4条は、防衛省の所掌事務を定めるもので、自衛隊の運用については、自衛隊法や安保法制によって規制されており、そうした法律に根拠がなければ海外派遣はできないはず。お得意の勝手な解釈でしかない。正当な法的根拠もなく、目的や活動内容も曖昧なまま、ただトランプのご機嫌とりでは、派遣される隊員が気の毒。
 今の政治は、政権の維持が最優先、権力を濫用して、お友達や企業、支援者の便宜を図る。そして、もちろん利権を得る。
 さらに、都合の悪い文書やデータは改ざんし、破棄し、事実をひたすら隠し、ごまかす。
 みにくい姿が次々に明らかになる。そろそろ、政治を変えるとき、私たちの手に取り戻すとき。 

人気ブログランキングへ

|

« 「令和」の選定 | トップページ | 新年のご挨拶 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「令和」の選定 | トップページ | 新年のご挨拶 »