« 2019年11月 | トップページ

2019年12月

2019年12月 7日 (土)

癒着

ジャパンライフの山口代表を桜を見る会に招待したのは誰か。
 以前から問題のある人物であり、普通の推薦では除外されるに決まっている。
 60番が付されているように、安倍首相の特別枠で招待されたに違いない。誰もが、そう思っている。
 その背景には、多額の資金提供など強い癒着関係にあることが想像される。
 だからこそ、名簿は廃棄した、復元できない、個人情報だから出せない・・・
 何でもないならさっさと出せばいい。どうしても明らかにできない事実がそこにある。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年12月 5日 (木)

行政文書でない?

「一般職員が業務に使用できるものではない」ので、行政文書には該当しないとの説明。
公文書管理法第2条第4項
「行政文書とは、行政機関の職員が職務上作成し、又は取得した文書(図画及び電磁的記録)であって、当該行政機関の職員が組織的に用いるものとして、当該行政機関が保有しているものをいう」
 
 ここにいう「職員が組織的に用いるもの」という文言を形式的表面的に解釈して、本来の意味を捻じ曲げている。彼らの常套手段。こういうのを典型的な屁理屈という。一般職員が通常は使用するものではなくても、いざというときに、専門職員などを介して復元し、業務に使用できるはずであり、立派な「行政文書」である。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

答弁不能

菅官房長官記者会見より
「バックアップファイルは一般職員が業務に使用できるものではないことから、組織共用性に欠いており、行政文書に該当せず、資料要求に応じる必要はなかった」
 2点で。間違っている。
1.バックアップファイルは、何かあったときに職員が利用するものであり、理屈になっていない。行政文書に該当するに決まっている。
2.行政文書・公文書であるか否かに拘わらず、国会の資料要求に対して丁寧に対応するのが、行政の責務。

 

 記者の追及に対して答弁に窮した長官は、10数回にわたり、事務方から答弁メモを差し入れてもらっている。
 もはや、長官自身も説明能力に欠けている。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年12月 2日 (月)

安倍首相の責任

 安倍首相参院本会議での答弁の趣旨
「個人的な関係は一切ない。過去に私が招待された多人数の会合などで同席していた可能性までは否定しないが、一対一のような形で会ったことはない。昭恵夫人も面識はない」
 いつも表面的、形式的な言葉でごまかそうとするが、面識があるかどうかの問題ではなく、60番という総理枠で招待するからには、資金面を含めてとくべつな関係にあったのではないか。また、その招待状を使って詐欺商法が行なわれ、多くの人が大変な被害を受けていること。
 そうした実質的な面で深刻な問題を孕んでおり、もはや、これ以上醜態を晒すべきではない。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

特別の招待枠?

 日刊ゲンダイより
「安倍首相の実弟、岸信夫衆院議員も、大勢の地元支援者を招待し、記念撮影。
 上は、ホテルニューオータニの前。下は、桜を見る会で。」

Thumb12136484433domestic

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

« 2019年11月 | トップページ