« 関電問題 | トップページ | 台風被害 »

2019年10月12日 (土)

大型台風

 大型台風19号が関東を直撃。多摩川を初め各地の河川が氾濫、大きな被害が発生しているようだ。
 様々な情報の中で、「ダムの緊急放流」が気になる。
 昨年の西日本の大水害の際、緊急放流により濁流がうねるように下る異常な光景が鮮明に記憶に残っている。
 台風の来週に備えて事前放流は十分に行なったのだろうか。
 溜めるだけためて、一番危険なときに、ダムが危険だからと一斉に放流する。
 放流により急激に水位が上がり大洪水になり、住民は逃げる暇もない。
 これでは、洪水防止のためにあるのではなく、逆にダムが大洪水の原因になっているのではないか。
 人工的にせき止めるのではなく、自然に流した方が、避難する時間もあり被害が少ないのではなかろうか。
 気候が変動する中で、ダムの問題点を検証する必要があるのではないか。

人気ブログランキングへ

|

« 関電問題 | トップページ | 台風被害 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 関電問題 | トップページ | 台風被害 »