« 内閣改造 | トップページ | ドイツの責任 »

2019年9月15日 (日)

強硬姿勢変わらず

報道より、
安倍首相は内閣改造後も、韓国に対して、引き続き厳しい姿勢で臨む方針。
茂木外相「国際法違反の状態の一刻も早い是正を求める」と述べ、一歩も引かない姿勢を強調。
政府関係者「韓国はこの布陣を見て身構えているだろう。強硬姿勢は変わらないとのメッセージになる」と強調。 

 要するに、何もしないということ。何度言っても仕方がないが、国民の不利益を放置する無責任外交である。

人気ブログランキングへ

|

« 内閣改造 | トップページ | ドイツの責任 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 内閣改造 | トップページ | ドイツの責任 »