« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月29日 (日)

内部告発

 今年の3月、関西電力の疑惑に関する内部告発文書が出ていたとのこと。

ダウンロード - e58685e983a8e5918ae799ba.pages

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年9月28日 (土)

ラグビー

ラグビー、ワールドカップ、日本が世界2位のアイルランドに快勝。衝撃が世界を駆け巡る。
 ルールはよく知らないが、全力でぶつかる迫力に、思わず興奮し、声をあげてしまう。
 もう1勝すれば、初めての決勝リーグ、楽しみである。
 プロ野球は、セパの優勝が決まり、残るは、広島と阪神のCS争いだけ。関心は薄い。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年9月27日 (金)

ウィンウィン

 安倍首相が「ウィンウィン」と言えば言うほど、白々しく聞こえる。
 一方的に押し切られ、牛肉と豚肉の関税の大幅引き下げ。
 日本車への関税撤廃は見送り。
 トランプ大統領の満面の笑みを見れば、その得失は明らか。
 さらに、相手の顔を立てるためだけに、無用のトウモロコシを大量に買わされる。
 それにしても、選挙のことしか頭にない政治家たちのレベルの低さに呆れる。
 こんなやり方で不利益を受ける畜産農家が気の毒。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年9月26日 (木)

マスコミの取材

 先日提訴した情報公開裁判について、某TV局が取材、昼前に放映。その後、マスコミ各社から、次々に取材やインタビューが入り、夕方のテレビニュースでも流されたが、その中で、戦後まもなく、米軍機が錦帯橋近くの住宅に墜落し数名の犠牲者が出た事故について、体験者のインタビューも交え丁寧に紹介されていた。重大な事故であるが、最近あまり取り上げられることがなかったので、いい特集であった。
 市民政党「草の根」の活動については、いつもマスコミに情報提供していたが、今回は、個人の提訴でもあり、このブログなどで紹介する程度に留めていた。
 関心を持って報道してくれることはいいことなので、今後は、折に触れて広報していきたい。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年9月24日 (火)

古賀茂明さん

経済産業省出身の古賀茂明さんの論を一部抜粋して紹介する。
「最近の日本のメディア、特にテレビは、韓国、特に文政権に都合の悪いことが起きると、一斉に拍手して、これをさげすみ、笑いの種にしようとする傾向が顕著だ。
 その裏には、安倍政権の「嫌韓PR」に同調する世論があり、それに媚びるテレビ局の姿勢が見え見えだ。
 韓国は、日本の第3位の輸出相手国。言わば運命共同体だ。サムスンのおかげでどれだけの企業がもうけているのか。韓国の政治経済が混乱し、韓国の先端企業群が不調に陥れば、日本も困る。
 ばかげた視聴率優先の”半”ヘイト放送は直ちにやめてもらいたい。」

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年9月23日 (月)

口頭弁論の呼び出し

山口地裁から、第1回口頭弁論期日呼出状が届く。
事件番号 令和元年(行ウ)第3号 公文書非開示決定処分取消請求事件
 期日 10月30日(水)午前10時
 出頭場所 31号法廷

 

 この期日に出頭することを了承する「期日請書」を、明日、FAXで送付する予定。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年9月21日 (土)

統一会派

 立憲民主党や国民民主党などが、国会で統一会派を結成することで合意。衆院117人、参院61人の勢力。衆院統一会派の名称は、「立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム」と長いものに。
 巨大与党に対抗するために野党が結集することになり、概ね好意的に受けとめられているが、私は、少なからず懐疑的。
 旧民主党が再結集したのであろうが、あの分裂騒ぎは何だったのかと思う。
 考え方の違う人達、しかも議員だけが選挙のために集まっても、国民に新しい選択肢を示すことにはならないのではないか。
 では、どうすればいいのか。
 理念を同じくする政党が、選挙を戦いながら、国民の間に徐々に支持を広げ力をつけることが先決。目先のことで、焦るべきではない。

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2019年9月19日 (木)

裁判手続き

 先日、岩国市長による公文書非開示処分の取消しを求めて提訴。書記官から連絡あり、被告の表記の仕方、請求の趣旨の書き方の訂正を求められ、今日、山口地裁民事部へ、訴状訂正申立書と訂正した訴状(副本も含め2通)を送付。同時に、第1回の口頭弁論の期日が10月下旬に内定。近く、呼出状が送付されるとのこと。
 九州沖で行なわれていた空母艦載機のCQ(空母着艦資格取得訓練)が、昨日で終わった(15〜18日)。週末も含め、昼夜を分かたず、離着陸が繰り返され、激しい爆音をもたらした。

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2019年9月16日 (月)

ドイツの責任

水島早大教授の「直言」より(抜粋)
「1939年9月1日、ポーランド中部の町ビエルンに対して、ドイツ空軍が初の空襲を行い、住民1200人が死亡した。この第二次世界大戦最初の空襲被害を受けた町ビエルンで、1日、ドイツの連邦大統領も参加して式典が行われた。
 大統領は、戦争を振り返りつつ、トーマス・マンの「ドイツ人として生まれたら、ドイツとドイツの罪に対処しなければならない」という言葉を引いて、過去に対するドイツの責任を強調した。「ビエルンに対する攻撃の犠牲となった方々、そしてドイツの暴力支配の犠牲となったポーランドの方々の前で私は頭を下げ、赦しを請う」という部分は、ドイツ語とポーランド語で述べた。「赦しを請う」という言葉に対して、広場に集まった市民から拍手がわいた。」

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年9月15日 (日)

強硬姿勢変わらず

報道より、
安倍首相は内閣改造後も、韓国に対して、引き続き厳しい姿勢で臨む方針。
茂木外相「国際法違反の状態の一刻も早い是正を求める」と述べ、一歩も引かない姿勢を強調。
政府関係者「韓国はこの布陣を見て身構えているだろう。強硬姿勢は変わらないとのメッセージになる」と強調。 

 要するに、何もしないということ。何度言っても仕方がないが、国民の不利益を放置する無責任外交である。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年9月13日 (金)

内閣改造

内閣改造が行なわれた。
特徴は、安倍首相の側近が多数入ったことと、各派閥からの推薦により待機組を大臣にして均衡を図ったこと。
つまり、本人の能力よりも派閥の意向が優先される、古い手法がいまだに生きている。国民のことを考えるよりも政党内の安定を大切にする。日本の政治は何も変わっていない。
内閣の使命は、唯一つ、国民のために働くこと。そのためには、与党内の最高の人材を集めること、当然のことだが、安倍首相はそんなことは念頭になく、自らの保身しか考えない、つまらない政治である。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年9月12日 (木)

訴状

昨日の山口地裁に提出した訴状は、別添の通り。

私が作った情報公開条例が、逆に情報を隠すために使われており、言いたいことが
たくさんあったので、少し長くなってしまった。

ダウンロード - e58f96e6b688e8a8b4e8a89f0910.docx

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年9月11日 (水)

裁判

山口地方裁判所民事部に、訴状を提出した。
岩国市長による愛宕山運動施設の日米共同使用に伴う「現地実施協定書」の非開示処分の取消しを求めるもの。
訴状8ページ、証拠17点、被告用の副本も含めて、2セットを1階の受付へ持ち込み、チェックしてもらい、一部修正。
行政処分の取消訴訟なので、訴訟物の価額は、160万円(算定不能)となり、収入印紙13万円、また、資料の送付に使用するのだろう、訴訟予納郵便料として、切手7,060円分(1〜500円まで7種類を取り混ぜて)も必要ということで、近くの郵便局に収入印紙と切手を買いに行き、裁判所に納める。
初めてだったので心配していたが、スムーズに終わり安堵する。
今後、裁判官の点検、調整を経て、裁判の日取りが決まっていくとのこと。

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2019年9月 9日 (月)

行政訴訟

行政訴訟の準備をしている。
愛宕山運動施設の日米共同使用に伴う「現地実施協定書」の開示請求を行ったが、審査請求を経て、今年3月、最終的に非開示となった。訴訟提起の期限は、6ヶ月。
法学部の出身であるが、実際の裁判に主体的に関わったことはない。
インターネットで手続きや訴状の書き方などを調べ、わからないことは直接裁判所に問い合わせながら、一人で取り組んでいる。
 すでに、8月末に、同種の裁判の判決が出され、非開示が妥当とされたので、難しい裁判になるかもしれないが、経過は、逐次ご報告する。

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2019年9月 7日 (土)

ホタルの復活

 事務所で男性の相談を受ける。
 一人で、地区の公園や川の清掃などを行い、ホタルの復活を目指しているという。
 毎日、仕事が終わってから、夕方草刈りを行い、大雨で堆積した土砂を一人でかき出す・・・
 ホタルの餌になるカワニナを育て、ホタルの生息環境を作る。
 地域の人が少しでも協力してくれるようになれば嬉しいとのこと。
 こちらから近くの知人に声をかけるとともに、草の根としても応援できたらと思う。
 私と同年だが、少しでも人のために役立つことをしたいという、その行動力に驚かされる。
 話をしていて、爽やかな気持ちになる人だ。

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年9月 5日 (木)

日韓関係

 何度も書くが、韓国云々よりも、我が政府の対応に問題あり。
嫌韓、たまねぎ男、反日・・・などの言葉が連日マスコミを賑わす。
一方、政府は、相手が悪いの一点張りで何もしようとしない。
徴用工問題の対立が契機だが、日本側が貿易規制で報復したことから韓国が強く反発、関係が急速に悪化。国民に大きな不利益が生じ始めているのに、放置したまま。
韓国がどうあろうと、国民の利益を考えて、関係改善のために動くべき。
徴用工、貿易、安全保障などそれぞれについて、協議のテーブルにつくことが第一歩。

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

2019年9月 3日 (火)

週刊ポストの記事

これは、いくら何でもひどい。
すぐに、編集部から「お詫び」が出たが、謝って済む問題ではない。
発行者として、然るべく責任をとるべき。
Imga0200 

人気ブログランキングへ

| | コメント (0)

2019年9月 2日 (月)

韓国の不正

文在寅大統領の側近チョ・グク(曺国)氏の不正疑惑が次々に暴露され、彼を糾弾する集会やデモが各地で行われているとのこと。
 韓国では、こうした大統領や側近の不正により、歴代政権が崩壊し、大統領自身も罪に問われることが多い。
 政治権力を握ると、それを利用して身内や関連企業を優遇し、蓄財をする・・・
 どこかで見たような光景であるが、森友・加計学園問題であれほどあからさまに身内や友人を優遇すれば、お隣の国ではすぐにクビになる。日本の首相は平然と居座り続けている。
 他人事ではない、どちらが正常なのだろうか。

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0)

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »