« 寛容の精神 | トップページ | 「脱属国論」より »

2019年8月 9日 (金)

原爆の日

 6日広島、9日長崎の原爆の日。ニュアンスの違いはあるも、いずれの平和宣言にも核兵器禁止条約の批准を求める趣旨が盛り込まれた。
 しかし、安倍首相は「核保有国と非核保有国との橋渡しをする」と繰り返すばかり。
 アメリカの核の傘に入っているので、核兵器が禁止されては困るというのが本音であり、唯一の被爆国として、核廃絶の先頭に立つ気は毛頭ない。
 毎年形式的に式典に出席するだけで、被爆者の思いを受けとめようとはしない。
 沖繩においてもしかり。
 現場で苦しむ当事者の声を大切にしない政治とは何だろうか。民主主義とは程遠い。

人気ブログランキングへ

|

« 寛容の精神 | トップページ | 「脱属国論」より »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寛容の精神 | トップページ | 「脱属国論」より »