« 石橋湛山の言 | トップページ | 「日韓関係を気遣う」 »

2019年8月29日 (木)

日韓関係

水島朝穂早稲田大学教授(憲法)の「直言」より、
憲法の精神を踏まえた政治に対する的確な批判は、大いに参考になる。
最近の日韓関係についても、次のような視点が提示されている。
・一国の最高裁の判決がどんなに受け入れられないものであっても、他国の政府が、当該国の行政府にその是正を求めるというのは、権力分立の何たるかを理解していないこと。
・「日韓請求権協定では個人の請求権は消滅していない」というのが、従来からの日本政府の立場であったはず。
・植民地支配に対する記憶は、何十年経っても容易には消えない。
 いずれも、重要な論点である。

人気ブログランキングへ

|

« 石橋湛山の言 | トップページ | 「日韓関係を気遣う」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 石橋湛山の言 | トップページ | 「日韓関係を気遣う」 »