« 上関原発、埋立免許の延長許可 | トップページ | 日韓対立 »

2019年7月27日 (土)

延長許可について

上関原発に係る埋立免許の延長許可(3年6ヶ月)が行われた。
同時に、知事から、原発本体の着工時期の見通しがつくまでは埋立を実施しないよう文書要請も行なわれた。
許可しておきながら、一方でストップさせるという、自己矛盾もいいところ。常識では考えられない行為が平然と行なわれている。
原発の新増設に関する政府の方針が明確でない、つまり上関原発が実際に建設されるのか、あるいは建設されるとして一体何時になるのか、まったくわからない段階で、埋立工事を先行させるべきではないという知事の考え方は、まことに正しい。
それなら、埋立免許も必要ないので、一旦失効させ、必要になれば改めて許可すればいいだけ。

人気ブログランキングへ

 

|

« 上関原発、埋立免許の延長許可 | トップページ | 日韓対立 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上関原発、埋立免許の延長許可 | トップページ | 日韓対立 »